仮想通貨取引所とビットコインのマイニングはどちらが儲かるのか?bitFlyerと大手マイニングプールのBTC売上予測を比較。

2018年1月26日に発生した「coincheck(コインチェック)」から約580億円相当となる約5億2000万枚のNEMが不正流出した事件で、「NEM不正流出の補償について、日本円で約460億円の返金を自己資金で実施する」とコインチェックが発表し、

「仮想通貨取引所がとてつもなく儲けている!」

と話題になりました。

 

私も当然ながら、「コインチェック、そんなにたくさん儲けていたのか!(驚)」と思ったのと同時に、ふと疑問として以下の疑問が湧いてきました。

 

「仮想通貨の取引所は、どのくらい儲けているのか?」(明確な売上高の提示がどの取引所も現状ない)

「ビットコインの大手マイニング業者は相当儲けているとネット記事で見かけたことがあるけど、どのくらい儲けているのか?」

「仮想通貨の取引所と、ビットコインのマイニング業者、いったいどちらの方が儲かるのか?」

 

今回は、

仮想通貨取引所と、ビットコインのマイニング、どちらが儲かるのか、

について、予測値ではありますが、計算して答えを出してみたいと思います。

計算方法の整理

取引所とマイニング業者の正確な売上、コストから利益までを予測するのは困難&大変なため、コスト計算、利益の算出まではせず、ここでは、おおよその1ヶ月のBTC(に限定した)売上を予測し、1ヶ月のBTC売上ベースで比較したいと思います。

・仮想通貨取引所と大手マイニング業者の2018年1月のBTC売上を算出

・BTC以外のアルトコインは考慮しない

・BTC現物取引のみ計算対象(FX、差金決済、先物は考慮しない)

・マイニングの送金手数料報酬は考慮しない(リワードのみ)

・日本円換算は日々変動しているため、2018年1月末のBTC/JPY価格から算出して、あくまで参考程度

仮想通貨取引所(bitFlyer) の1ヶ月のBTC売上はどのくらいか?

仮想通貨取引所の売上は、売買手数料です。

 

日本の仮想通貨取引所は、ビットコインは取引所形式と販売所形式の大きく2通りの方法、アルトコインは販売所形式で、売買をすることができます。

・取引所=売り手と買い手の希望価格が一致すると売買成立する板形式

・販売所=取引所が決めた価格で販売と買取を行う形式

 

取引所形式の場合は、売買成立時の価格に一定の手数料、

販売所形式の場合は、実価格と販売価格との差額(スプレッド)が実質的な手数料となります。

 

ちなみに、海外の取引所は、アルトコイン含めて取引所形式(板取引)が主流です。

 

今回の仮想通貨取引所の売上予測は、国内大手bitFlyerで計算しました。

 

画像出典)https://jpbitcoin.com/market/volume

 

上の画像から、2018年1月のbitFlyerのBTC月間取引高(現物のみ)は、518,061BTC

 

bitFlyerのビットコイン売買手数料は2018年2月15日現在、以下の通りです。

 

画像出典)https://bitflyer.jp/ja-jp/Commission?top_link#bitcoin-fees

 

日本の取引所は、アルトコインをはじめ、販売所のスプレッドでぼろ儲けしている構図となっていますが、今回は計算の簡略化ということで、売買手数料0.15%で計算してみます。

 

<bitFlyerの2018年1月BTC手数料収入の予測>

2018年1月のBTC月間取引高(現物のみ):518,061BTC

×

売買手数料:0.15%

約777BTC

 

2018年01月31日のBTC終値は日本円で1,087,452円でしたので(価格参照)、

 

777BTC× 1,087,452円=844,950,204円(約8億4千万円)

 

となります。

 

実際には、

・現物以外のFXも現物と同額程度の取引高がある(手数料収入アップ要因)

・販売所でBTCの売買も相当数ある(スプレッドの手数料収入アップ要因)

・取引所の売買手数料を一律0.15%で計算している(手数料収入マイナス要因)

上記の要因も考慮すると、

bitFlyerの2018年1月のBTC売上は、約777BTC(約8億4千万円相当)以上は確実にあると思われます。

FXやBTC以外のアルトコインの手数料収入も含めると、より大きな売上を得ているということもわかりますね。

ビットコインマイナーの1ヶ月のBTC売上はどのくらいか?

ビットコインのマイナーは、ビットコインの取引を承認する手続きであるマイニング(採掘)に対して、リワード(報酬)として新規発行されるビットコインが与えられる仕組みとなっています。

 

ビットコインのマイニングに対する、リワード(報酬)は、どのくらいもらえるものなのでしょうか。

 

ビットコインが2009年に初めて発行された時点では、10分に1回作成される1ブロックごとに50BTCのリワードが設定されていました。

要は、10分に1回のペースで、ビットコインの取引を承認する手続きの計算(=マイニング)ができた人にリワード(報酬)として50BTCが与えられます。

 

このリワードは、ビットコインの10分に1回作成されるブロックが、21万ブロック作成されるごとに半減していく(リワードが半分に減る)仕組みとなっており、おおよそ、3年〜4年でリワードは半減していきます。

 

2012年11月に、50BTC→25BTCに半減、

2016年7月に、25BTC →12.5BTCに半減、

2018年1月時点では、ビットコインのマイニングに対するリワードは、12.5BTCと設定されています。

なお、約4年ごとに訪れる半減期、次回は2020年7月頃に12.5 BTC →6.25BTCに半減する予定となっています。

 

上記の内容を前提として、

マイナーが得られる収入は、

「リワードによって得られるビットコインの数量(2018年1月時点では12.5BTC)」

×

「10分に1回あるリワードを1ヶ月間に何回得られるか(10分に1回・・1時間6回×24時間×31日=1ヶ月最大で4,464回)」

×

「ビットコイン価格」

で大まかに計算することができます。

 

10分に1回のリワード(報酬):12.5BTC

×

1ヶ月に与えられる最大のリワード回数:4,464回(10分に1回・・1時間6回×24時間×31日)

=55,800BTC

 

1ヶ月31日計算で、最大55,800BTCのリワード報酬をマイナーは手に入れることができます。(2018年1月末のBTC/JPY価格で計算すると約600億円)

 

しかしながら、当然、マイニングは多数のマイナー間の競争ですので、1つの業者が手に入れられるほど甘い世界ではありません。

 

下の画像は、

・1枚目が、ビットコインの大手マイニングプールのシェア分布図(2018年2月15日直近24時間)

・2枚目が、直近24時間で各マイニングプールが獲得したリワード報酬の回数の一覧

です。

画像出典)https://blockchain.info/ja/pools?timespan=24hours

 

1位の大手マイニング業者の「BTC.com」を例にすると、

1ヶ月最大55,800BTCのうち、約30%のマイニングシェアを1ヶ月継続できたと仮定すると、16,740BTCのリワードを獲得できる計算となります。

24時間で獲得したリワード回数45回から計算すると、45回×31日×12.5BTC=17,437BTC、となり、およそ17,000BTC (2018年1月末のBTC/JPY価格で計算すると約183億円)を1ヶ月で獲得できているマイナーと言えるでしょう。

実際には、マイニングシェアは常に変動するものなので、リワードが上振れ下振れする可能性はどちらも高いと思いますが、ここでは考慮しないこととします。

 

1〜5位まで(+おまけで15位も)ざっくりシェア率から、1ヶ月あたりのマイニング報酬を計算してみた結果が以下の通りです。

 

1位:BTC.com(30%):約16,740BTC (約180億円)

2位:AntPool (16.7%):約9,318BTC (約106億円)

3位:ViaBTC (11.3%):約6,305BTC (約68億円)

4位:SlushPool (9.3%):約5,189BTC (約56億円)

5位:BTC.TOP (9.3%):約5,189 BTC (約56億円)

・・・

15位:BW.COM (1.3%):約725BTC(約7億8千万円)

(まとめ)仮想通貨取引所とビットコインのマイニングはどちらが儲かるのか?

これまでの計算をまとめると、以下の通りです。

 

【2018年1月BTC売上予測】

<仮想通貨取引所>

・bitFlyer:約777BTC(約8億4千万円)

 

<大手マイニングプール(マイナー)>

・BTC.com(30%):約16,740BTC (約180億円)

・ AntPool (16.7%):約9,318BTC (約106億円)

・ ViaBTC (11.3%):約6,305BTC (約68億円)

・ SlushPool (9.3%):約5,189BTC (約56億円)

・ BTC.TOP (9.3%):約5,189 BTC (約56億円)

・ BW.COM (1.3%):約725BTC(約7億8千万円)

 

いかがでしょうか。

概算の予測値になりますので、とても正確とは言えませんが、見当違いの数字でもないのではないかと思います。

bitFlyerの月間売上が、数千万円ということはありえないでしょうし、逆に数兆円ということもありえないでしょう。

 

実際のbitFlyerの月間売上は、販売所のスプレッド手数料、FX、アルトコインのスプレッド手数料も含めると、BTC以外も含めた1ヶ月の総売上は約8億円の数倍〜十数倍といったところでしょうか。仮に10倍だったら80億、20倍だったら160億。

ちなみに、コインチェックはbitFlyerよりも2018年1月付近だけで考えればBTCの月間取扱高が2〜3倍多く、アルトコインの取り扱いも多いため、bitFlyerの数倍の売上はありそうです。最初の約460億円のNEM返金も現実的にありえるとも思えます。

 

さて、

仮想通貨取引所とビットコインのマイニング、どちらが儲かるのか?

という疑問に関しては、

今回の計算結果から、BTCに限定するならば、マイニングの方が儲かると思います。

 

もちろん、取引所にとっては、BTC以外の複数の通貨を取り扱うことで手数料収入は何倍にも増やすことが可能ですし、

マイナーにとっても、BTC以外の仮想通貨も同時並行でマイニングすることも十分ありえると思うので、そうなるとBTC以外の売上も期待できます。

 

もし、自分がどちらかを事業としてやるなら、「マイニング」を選びます。どちらもリスクはたくさん考えられますが、取引所のセキュリティリスクに比べれば、マイニングの方がまだマシなのかなと。